【コツコツ痩せよう!】1年間かけて12Kg痩せた方法

Written by aresu on 2020-11-27 in ダイエット with no comments.

こんにちは!

実体験を元に、楽に続けられるダイエット方法をご紹介します。

この方法は私が今年行ったダイエット方法で、結論69kg→57kgの12kgのダイエットに成功しました。

ダイエットに興味のあるあなたへ朗報です。

今は冬で痩せにくい!と思っているかもしれませんが、この方法なら冬でも秋でもすぐに始められます。

その方法とは・・・置き換えダイエット!

3食と間食を毎日しているあなたでも簡単に痩せることができます。

朝は少なく、お昼も抑えて、でも夜は好きに食べてOKです!

ちなみにこちらは私のある日の1日の食事です。

【朝食】コーヒーとバナナ1本

【昼食】セブンの300円のサラダ

【間食】カフェオレとクッキー

【夕食】生姜焼き定食

こんな食生活で少しずつ痩せていきます。

こんな声が聞こえてきそうですね。

「朝はしっかり食べないとダメだよ。」

「間食なんかしていいの?」

大丈夫です!

まず朝とお昼を抑えることには理由があります。

1.集中できます。

朝も昼もその後、仕事がありますよね。もしデスク仕事ならお腹いっぱいにだと眠くなります。

ですが少量の食事にすることで血糖値の上昇を抑えて仕事に集中できます。

2.体の仕組み

人は遡れば元々、昼と夜しか食べていませんでしたし、朝は腸の整理をする時間です。消化する為の時間なんです。

だから余計な食事は避けた方が便通も良くなります。

グラマラスパッツ・グラマラナイトスリムの効果は?購入して使用した私の口コミ&評価!

そして一番気になったと思いますが

間食と夕食をしっかり食べている部分についてご説明します。

1.食べて良い理由

間食OKですし、夜もしっかり食べてOKです。なぜなら朝と昼をしっかり抑えているからです。

プライスレスです。

2.夜に食べると太るは嘘

夜はたくさん食べると太ると昔から言われていましたが、実は嘘じゃないかと最近は言われています。

メンタリストのDaiGoさんも発言していました。

昼間は体が「これから仕事だ!」と交感神経優の状態になっていて、パワーを出す為に、食事したものを吸収しようとするんです。

ところが夜は、副交感神経がメインとなり、体がリラックスした状態になっているそうです。

なので体は消化をメインに活動するので逆に太らないんです。

以上の理由から、置き換えダイエットはお勧めです。

やってみることはこれだけ。

・朝食は飲み物にする。

・昼食は野菜中心のサラダにする。

・夜は好きなものを食べる。

これだけで私は1年で12Kg痩せました。

今度はあなたの番です!

乾燥&アンチエイジングケアに!「DHCのQ10シリーズ」

Written by aresu on 2020-11-09 in スキンケア with no comments.

秋風の吹く昨今、乾燥が気になりますよね!

乾燥に伴い気になるのは「しわやほうれい線のできやすい状態にあるお肌の状態」

というのが気になります。

そこで、選びたいのが「乾燥小じわなど」に効果のある化粧品ですよね!

「DHCのQ10シリーズ」は、保湿や乾燥予防効果のあるヒアルロン酸、コラーゲン、コエンザイムQ10が配合されていて乾燥による小じわなどを目立たなく

し、みずみずしく若々しいお肌に近づけます。

テクスチャーは、化粧水はしっとりとした使い心地で、クリーム類はは若干重め。

なので、アンチエイジングにも効果がありますと言われているのも納得できます。

使い続けて数日たつとお肌がだんだんプルプルになってきたなと感じてきます。

※個人差はあると思いますが…。

加齢とともに減少していくと言われている「q10」ですが、しっかりお手入れをしたいタイプには、化粧水やフェースクリームなど一連になったライン使いを。

反対に時短でお手入れのできるオールインワンタイプと、選べるのも嬉しいですね!

基礎化粧品を代えてみようかと考えているかたや、そろそろアンチエイジングが気になってきたなと感じる方、DHCの「q10」シリーズ」を使って乾燥対策&アンチエイジングケア始めてみてはいかがでしょうか?

お顔の肉が痩せて、シワをつくってしまった私

Written by aresu on 2020-11-07 in スキンケア with no comments.

若い頃よりは、わたしは小顔になっています。

そのため、デメリットとしてはお顔が痩せることで、シワをつくってしまっているのです。

お顔が痩せただけでのシワではないかもしれませんが、とても嫌なのです。

部分としては、眉間・瞼の上側・お口の付近などです。

わたしにシワが出来る事など、若い頃には考えてもいませんでした。

乾燥したお肌は、シワをつくってしまう事を知っていましたから、

お手入れは、人並みにしてきたつもりですが、

シワをつくったことは、反省し後悔もしています。

以前から思うのですが、

母が生きていた時に、二人で語った事があります。

少しこえたなら歳をとっても、わたしたちはシワをつくらないかもとです。

お顔の肌にも、ハリができると話していました。

こえていることで、シワを伸ばす様な気がするのです。

本当は、どの様なものかはわかりませんが。

現在もしわたしが、こえ気味ならばお顔の肉にもハリがでるのではないかと

勝手なことを考えるのです。

シワのあるお顔とは、付き合いたくないのです。

今は居ない母が、最後のお顔を見たらとても綺麗でした。

生きている時に母は、「わたしはぶさいくだから」と

時々いっていました。

息をしていないことで、その様なお顔つきとなったのでしょう。

でも届かないものとは知りながら、

お母さんに言ってあげたいのです。

「おかあさん、シワもシミも一つもなく綺麗なお顔だったよ」と。

小鼻の毛穴を気にし、つついてしまって、少しの後が嫌です

Written by aresu on 2020-11-05 in スキンケア with no comments.

お顔の皮膚への気遣いは、若い頃からよくします。

やはりお化粧をしはじめた、年齢で言いますと18歳位の時から特に気にし始めました。

それまでの思春期ころには、小鼻の毛穴をつついたりもしました。

その時のあとが、かすかに現在も残っているのです。

また同じ時期の頃に、目とお鼻の間の場所に、小さな黒い点みたいなものを感じて、

このときも嫌で、つついてしまったのです。

気にしてつついたばっかりに、つつく前よりも、よけい大きい黒い点となったのです。

そして成人して茶髪にしようと、髪染めをしていて液をこめかみの近くにつけて

しまい、そのあとが残っているのです。

若い時に、お顔につついて跡が残ってしまい、バカな事をしたと

今更になり、反省しているのです。

また髪染めに慣れていないわたしが、手がすべりお顔に液をつけて

少し跡になっていることも、今はとても嫌なのです。

その様なお顔となった今は、3つの気にする箇所がある上に、

年相応のしみと、シワとをつくってしまいました。

でもお肌は一か月程度で、生まれ変わると聞いていますから、

週に何回かは、マッサージを夜に行います。

マッサージをしないよりは、した方がましと思い続けています。

手でお顔を触れる時は、やさしく扱います。

特に目の近くの部分は、丁寧に優しくと

スキンケアをするのです。

肌の乾燥を嫌でも感じる時期になります

Written by aresu on 2020-11-03 in スキンケア with no comments.

こんにちは。

冬も近づき、ますます体調管理が重要になる季節ですね。

室内にいる際は暖房にあたることも多くなり、肌の乾燥を嫌でも感じる時期になります。

今回は、そのような女性の皆様の肌悩みで多い“乾燥”について

お話していきたいと思います。

まず初めに、これを読んでくださっている皆さんは“肌悩み”と聞いて、具体的にどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

たいていの方が、“ニキビ・シミ・しわ・たるみ・テカリ・毛穴”などのお悩みを思い浮かべると思います。

また、実際これらのお悩みを実際に感じていらっしゃる方もとても多いのです。

実は、これらの肌悩みにはある共通する原因が隠れています。

それは・・・

ずばり“乾燥”なのです!

とは言っても、このお話だけだと分かりにくいので、

肌悩みが生まれる仕組みについて簡単に説明しますね。

まず肌が乾燥していると、皮脂が過剰に分泌されるようになります。その結果、肌表面がテカリやすくなり、過剰に分泌された皮脂が原因で炎症を起こしてしまうためニキビができてしまうのです。

また、肌表面には必要以上の皮脂が出てしまうものの、お肌の内側の水分量はとても低い状態であるため、お肌を再生する能力に欠けてしまいシミ・しわ・たるみなどの、年齢にかかわるお悩みも出てきてしまいます。

そして、乾燥が進むと肌表面の毛穴が開いてしまい、そこに過剰に分泌された皮脂がたまることによって、毛穴の黒ずみを感じてしまうのです。

このように、“乾燥”から派生して様々な肌悩みが出てきてしまうのです。

これをしっかりと防いでいくために、今皆さんがご自宅でされているホームケアの方法をしっかりと見直してみるのもいいかもしれません。

明日の健やかな肌を作るためには、今日のホームケアがとても大事です。

ワンランク上の美肌を作るために、ぜひ今夜のスキンケアから見直してみてはいかがでしょうか。